石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  ミルクとシャカ|八重山民話

ミルクとシャカ

イラスト・島田花酒 / 編者・米屋陽一(日本民話の会会員)
八重山民話「ミルクとシャカ」

 むかしね、ミルク神とね、オシャカがね、二人がね、争ってよ。このミルクの神さまはね、住民のためによ、非常に尽くしたんだから、ミルクの神さまはね、非常に尊敬しておりましたよ。
 オシャカはね、あの人はミルクの神を倒してね、自分の天下をとるということで、争っておったらしいんだがよ。話を聞くとね、オシャカの神はね、ミルクを殺してよ、自分の天下にするということで、対立してやったらしいんだが。ミルクはね、正直な神で住民のためにやっておりましたが。
 あとはね、火をね、今はマッチで火をつけますが、むかしは木をね、切ってよ、ねじると火が出る、家庭ではご飯もたいたために、今はもうガスに、人が研究したために、こんなにやっておりますがねえ。
 むかしの火の神をね、オシャカさまはよう、火までもね、住民からとってよう、そしてよう、やったんだがよう。その野原のバッタがよう、ミルクの神によ、教えてよ。バッタはよ、目がよ、みんな明るいから自分がよう、
「オシャカさまが木に火を隠したのを見た」
といってよ。
 バッタがゆうたので、ミルクの神さまを待っていてよ、いっしょにやったらよ、火が出て、住民が喜んだという話を聞いております。
 木をね、取ってきて、白保ではねえ、スリギをね、アディガフといってよ、むかしからよう、あの木でよ、スリバチを作ったんですよ。今行くとわかりません。わたくしはね、ヤマシロという白保のよう、年寄がよ、この畑小屋でよ、作ってよう。あの人がね、木をすってねえ、そいでよ、ご飯をたいてもらったのを、わたくしは目で見てね、アディガフっていう木で、あのスリバチの木を作るのをね。
 あれに隠したから、このバッタが見てね、このアディガフの木を持ってきてね、そしたら、火が出てね。住民がね、火を作ってご飯をたいて食べるようになったという話を聞いております。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。