石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  小浜島  >  名馬「小浜馬」復活の願い|小浜島コラムちゃんぷる〜

名馬「小浜馬」復活の願い

小浜島コラムちゃんぷる〜「名馬「小浜馬」復活の願い」

沖縄の在来馬といえば宮古馬、与那国馬が浮かぶが、かつて名馬と呼ばれた「小浜馬」の存在は意外に知られていないようだ。
若い頃、小浜馬を駆った経験を持つ識名朝三郎さんは、現在は50%小浜馬の血を引く馬もいないと話しつつ、伝統の名馬に思いを馳せる。「小浜馬は小柄だけど足が早くて力も強かった。薪運びや牛追いとして達者に働いてましたよ。草競馬の名立たる馬も小浜馬だった」。小浜島で生産された馬は、車も電話もない時代、広い石垣島で役馬や乗馬として高く評価されたが、昭和40年代に車に取って代わられ相対的に姿を消してしまった。「当時の優れた馬は、今で言うとベンツ」と識名さん。「ただベンツは金さえあれば何台でも買えるけど、名馬はそうそういなかった」。
識名さんは小浜馬を探し歩き、与那国島で母方が小浜馬という馬を見つけて繁殖。今年1月、種子取祭(平得)で走らせる機会を得たところ、他の馬とは一見して違う足取りに注目が集まった。これを好機に、馬を集めて親睦を計るイベントを呼び掛けた識名さん。「たくさんの人に見てもらって馬の良さを再認識したい。年月はかかるが伝統の名馬も後世に残していきたい」。そんな識名さんの熱心な思いを知った小浜島の仲盛公民館長も「是非この機会に連携して種の保存に努めたい」と意欲を見せた。

小浜島コラムちゃんぷる〜「名馬「小浜馬」復活の願い」



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。