石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  与那国島  >  与那国の若者 #8 金城 信秀さん |与那国島コラムちゃんぷる〜

与那国の若者 #8 金城 信秀さん

写真・文 笹本 真純

金城 信秀(きんじょう のぶひで)さん

那覇工業高卒業後、東京の自動車の専門学校で学ぶ。その後、横浜で整備士として働いたのち、2006年に帰島。祖納青年会会員。

金城 信秀さん

「島のためにと感じることができる」
与那国岳ふもとのシークヮーサー畑で重機に給油する
与那国岳ふもとのシークヮーサー畑で重機に給油する。
 工事現場で作業をする重機への燃料の補給。パンクなど、車やバイクなどの簡単な修理。横浜で働いていた時とは違って、仕事の相手は知り合いばかり。島のためと感じることができ、やりがいを感じるという信秀さん。2年前に島に帰ってきて、家業のひとつを継いだ。信秀さんの実家は、与那国特産の花酒「どなん」の酒蔵でもある。

島の人たちの安定した生活「安定供給は必至」
作業を手伝う慎吾さん。
そして、島の電気も水道も動かしているのは金城さん。燃料がなくては電気も水道も動かない。もはや与那国の生活の一端を担っている。「安定供給が当たり前。でなければ、島の人たちが生活ができなくなってしまいますからね」。
 しかし、燃料も高騰。島の多くの職業の人たちのところに影響が出ていることも身近に感じる。

「やっぱり島で」
 結婚を機に奥さんと島に帰ってきた信秀さん。今後、わが子が成長する環境などを考えたときに、「やっぱり島で」と思ったという。島では誰もが、どの子がどこの家の子だかわかる中で、みなに見守られながら育つ。島の子どもたちの遊び場は、ほとんど海や山など自然の中。自分もそうだったし、わが子もそういうふうに育ってほしい。今、信秀さんのふたりのお子さん信輝くん(2歳)とゆいちゃん(6ヶ月)はスクスク育つ。
「今は自分の生活でいっぱいいっぱいですけど、島のためになにかできることは今からじゃないですかね」。そう話してくれた。

 
植え付け用のキビを刈っていた大城沙世さん、花井沙矢香さんと。

つづく・・・
最初へ 前へ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次へ 最後へ


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。