石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  百姓とガジュマル |八重山民話

百姓とガジュマル

文 切り絵/熊谷溢夫
百姓とガジュマル

ある百姓の畑の近くに、一本のガジュマルの樹がありました。
百姓は朝、畑に来ると、一番先にガジュマルの樹のところに行って「おはようございます。今日も一日元気で働けますように」とあいさつをします。お昼は樹の下で「今日も涼しい日陰をお借りしますよ」といってお弁当を食べます。夜になって家に帰る時も「ありがとうございました。又、明日もよろしくお願いします」と言って頭をさげました。
お正月の朝にも、百姓はガジュマルの樹のところにやって来ました。「おめでとうございます。今年もよろしくお願いします」とあいさつしました。
実は、このガジュマルには神が宿っていたのです。神様はこの百姓が、とても礼儀正しい働き者なのをよく見て知っていたので、何か贈りものをしてやろうと考えました。
その後、大雨のときも、日照りの時も、この百姓の畑だけは、不思議といつも青々として豊作だったといいます。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。