石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  与那国島  >  B29と小銃|与那国島コラムちゃんぷる〜

B29と小銃

文=米城 惠 (与那国町史編纂委員)

B29と小銃

B24、B29の空襲相つぐ
―宇良部岳・与那国見張所の崩壊


日向丸の行方不明事件から、ちょうど十日後の一月十四日(昭和二〇/一九四五)年午前十時ごろ、B24が宇良部岳を一周したあと、東にあらわれ、機首をさげ、四方がガラス張りになった望楼に機銃掃射を浴びせる。監視にあたっていた二等水兵・請舛秀雄(当時二四歳)、我那覇昇(二四)は身を伏せたが、たまたまそこへ上がってきていた当直の大林が恐怖にかられ、階段を一階へかけおりる途中、銃弾が腿に命中し、出血多量で死亡した。
 翌十五日午前十時頃、村本美代(一八)は宇良部岳の東にある「ふがヌたてぃばな」で妹と二人、薪取りをしていたところ、B29が低空飛行し、銃撃を加えながら山頂をめざして行った。ふたりは赤木の大木を盾に、襲いかかる敵機の反対方向にまわって銃弾をのがれる。望楼では、請舛らが、B29を「小指大にみえる階段」で発見し、いち早く二階から兵舎近くの岩の下に避難することができたが、攻撃は五回、六回とくり返され、執拗だった。コンクリートづくりの風呂場の鉄筋が露出するほどで、電探、つまりレーダー係の井上は右腕をやられた。
「発射するボーンという音が聞こえると同時に、弾が直線に兵舎に当たり、全く槍投げのようでした。飛行機は、火花が燃え上がるのを見ながら宙返りして、また、北から発射―、兵舎は三発で全滅しました」。
 これは村本美代が赤きの蔭からみた山頂の光景である。のちに請舛の妻となる目差敏子(一九)は、そのとき北側の麓の「まいやま」で住まいの隣近所の人たち五、六人と薪拾いをしていて、一度、パラッという音を聞いたと思った。やがて、負傷兵の左右から腋の下に肩を入れて支えながら、兵隊たちがおりてきた。兵たちは「オイオイ、敵だよ。山から出なさい」といった。彼女たちは、家に帰った。
平石良一兵曹長以下、守備陣は、まもなく宇良部岳から撤退した。


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。