石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  ハイカ星 |八重山民話

ハイカ星

文 切り絵/熊谷溢夫
ハイカ星

昔、八重山の黒島に一人の娘がいました。不思議なことにその娘には乳が四つありました。親も娘もとても恥しいと思ってずっとかくしていたのですが、年頃になるととても美しい娘に育ったので、いろいろな人が嫁に欲しいと娘のところに来るようになりました。
 娘はその度に、正直に自分のからだのことを話したので、みんなはおどろいて帰っていきました。それでも、そんな娘をどうしても嫁にしたいという男があらわれて、二人は結婚し、とてもむつまじく暮らしました。そして次々と二人の男の子もできました。
ところが、娘のうわさが那覇の王様のところにまで届き、王様の命令で召し出されることになってしまいました。
その頃は、沖縄の本島まで行ってしまえば、帰って来ることがとてもできないほどに遠いものでした。娘は那覇に行ってしまえば、もう帰って来れないということを子どもたちに話し、「若し、どうしてもお母さんに会いたい時には、春の田植の頃と、夏の稲刈りの頃に、南の空を見て欲しい。そしてそこにある大きく輝く星をみつけて欲しい。それが私の星だから。きっときっと毎年、そこに帰って来るから」と約束をして那覇に出かけて行きました。そして、そのまま島には帰ってきませんでした。
それでも、子どもたちとの約束はちゃんと守り、毎年、田植の頃と稲刈りの頃には南の空に帰って来ました。
島の人々は、春、その星が見えると田植をはじめました。夏、その星が見える頃には稲が実って刈入れをしました。
その星は島の人たちから、ハイカ星とかアブー(母親)の星と呼ばれて、野良仕事のたいせつな目当てとなっています。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。