石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  蛇のムコ入り |八重山民話

蛇のムコ入り

文 切り絵/熊谷溢夫
蛇のムコ入り

ある娘のところに、毎晩見知らぬ男がしのんで来ました。昔々には結婚前に「足入れ婚」というのがあって、それで両方に問題がなければ、正式に結婚をするという風習があったのです。
 でも、よく見るとどこか様子がおかしい。そこで、村の老姥に相談したところ、今度その男が来たら、その着物の裾に糸を付けておくといいということで、次の日の朝、その糸をたどって行くと、裏山の洞穴の中に入って行き、その奥でしっぽに糸をつけた大きな蛇がねむっていました。
 さあたいへんということで、また老姥に相談したところ、3月3日に浜に行って、潮水で身を浄め、珊瑚礁の割れ目を3度とびこせ、そうすれば、お腹の中の蛇の子はみんな洗い流されて、元のきれいなからだに戻れるということでした。これが今まで伝わって、3月3日の女の祭り「浜下り」になっているということです。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。