石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  セレクト特集  >  八重山の手技 Page1 | 八重山を読む!セレクト特集

八重山の手技


八重山の手技


〜八重山にのこる手技の世界〜
 プラスティック製品が溢れた高度経済成長期は、都市部の職人の手業はなくなっていく定めであった。大量生産品のコストはどんどん安くなる。人が多いと、それだけスケールメリットが即効くからだ。これが次第に地方を席巻する頃は、盤石な製品だ。その勢いはあっという間に最南端八重山まで広がった。ところが今は、自然素材を利用した工芸が細々と復活の兆しにある。
 今、過渡期にある。自然のなかで生み出され、身につけられてきた先人の知恵が、受け継がれなくなっている。外からの情報に押し流されているのだ。時代の流れであるものはいい。亜熱帯八重山だけに見られるもの、沖縄だけに見られるもの。それらは残ってほしい。今回は、まだ八重山にのこる手業の世界を紹介する。これが徐々に消え去りそうな雲行きだ。八重山に暮らす人に、美しい自然がいつもあることと、自然の素材を使って作られる工芸の存在は、先人が大事にしてきたものだけに、大切にしたいもの。すべてを載せきれなかったが、忘れてはならない手業の周辺スケッチだ。

 



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。