石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  芋蔓、海を渡る|石垣島コラムちゃんぷる〜

芋蔓、海を渡る

文=通事孝作
芋蔓、海を渡る

「昭和八年台風」の石垣町救援へ

 いまでも記憶されている方々の多い、いわゆる「昭和八年台風」は、風向南、最大風速五〇・三メートル、瞬間最大風速五七メートル、総雨量三八六・九ミリ(石垣島地方気象台調べ)。来襲したのは、九月一七日であった。
 一方、被害は『新八重山歴史』(牧野清著)に「住家、学校、桟橋等破壊、死傷一六名、行方不明四人、被害二百万」とある。
 いまや故人となられた喜舎場英勝さんは、このときの年月日とともに、台風にまつわるシーンをあざやかに覚えていらっしゃった。
 わたしがお話をうかがったときは、すでに六二年の歳月を経ていたのだが?。
 それというのも、教員だった彼は、この台風で生家が被災したという知らせを赴任先の与那国で受け、急遽、石垣へ帰ったからだ。
「一望千里という感じでしたよ」と喜舎場さんはふり返られた。「石垣の町並みが原っぱのように平坦になって、桟橋からじかに山がみえました」。
 家は、倒壊はしていなかったが、名だたる台風で様変わりし、移動していた。そのため、復旧にあたって、加勢の人々は、一人ひとり柱を両手で胸元に抱き、指揮者の号令一下、持ち上げて歩き、礎石に据えて、家を元の位置に戻すということもあった。
 最後の頭職をつとめた人の、家格の高い家で、造り方も一般の住まいより大きかったが、茅葺だったので軽く、そんなことができたのだろう。現在のようなコンクリート建築、あるいは瓦葺きでは思いも寄らないことである。
 みなさんごらんの写真と同じ場面を撮った記念写真がもう一枚あって、それには「石垣町救済寄贈芋蔓与那国村同志会」と大きくチョークで書いた戸板を、誰かが後方で掲げているのがある。これによって、石垣では、台風のせいで、植え付けの芋蔓にも困っていたことがわかるのである。
 救援に立ち上がった同志会がいつできたのか、はっきりしない。
 男は十五歳から五〇歳、女は十五歳から四〇歳の村民全員が会員だった、という。
 当時の会長は吉元広栄さんで、この方は元・県副知事、吉元正矩氏の祖父である。


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。