石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  なぜアンパルがラムサール条約指定湿地に登録されたのか|石垣島コラムちゃんぷる〜

なぜアンパルがラムサール条約指定湿地に登録されたのか

文=島村 修

 アンパルは2005年にラムサール条約指定湿地となり、2007年には西表石垣国立公園に編入された。我々市民の宝・アンパルが、日本のいや世界の宝として認められ喜びに耐えない。その宝を大事にし、子孫に引き継ぐため、昨年「アンパルの自然を守る会」を結成した。今月から「月刊やいま」、毎号1ページのスペースを本会が頂き会の活動や諸情報を広く発信できることになった。
 夏の終わり頃から秋、冬にかけてアンパルに行ってください。多くのシギやチドリ、サギやガン・カモの仲間を見ることが出来ます。これらの水鳥は夏、シベリアなど北の国で子育てを終えた鳥たちで南西諸島伝いに来たのです。中には今年孵ったばかりの若鳥もいるはずです。多くは南の国へ渡りますが、石垣島で越冬するのもいます。
 アンパルの干潟にはゴカイやエビ、カニ、カイ、小魚など水鳥の餌となる小動物が豊富です。それに満潮になると、マングローブ林は犬、猫、蛇等を寄せ付けず、水鳥にとっては安全な塒です。長旅の疲れを癒し南の国へ旅立ちます。翌春再びアンパルを中継地として北の国へ帰ります。アンパルは水鳥の渡りの中継地・越冬地として極めて重要です。これが指定の一番大きな理由です。その他にアンパルには水鳥の他に国の特別天然記念物のカンムリワシや特殊鳥類のリュウキュウキンバトなど貴重な野鳥が生息していること、更に、アンパルは我が国では特異な生態系を持つ亜熱帯のマングローブ林であるということも理由のひとつであります。


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。