石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  火正月(ピーションガツ) |八重山民話

火正月(ピーションガツ)

文 切り絵/熊谷溢夫
火正月(ピーションガツ)

 これは平久保に伝わるお話です。
 昔々、ある大晦日の夜、一人のみすぼらしい姿の旅人が平久保の部落にやって来て、一夜の宿を頼みましたが、どこの家でも「とんでもない」とことわられてしまいました。部落のはずれのとてもまずしそうな老夫婦の家にもこの旅人はやって来ました。老夫婦は「ごらんのとおり、私達のところにはなんにもありません。せめて火だけでもたいて暖かい正月にしようと話し合っていたところです。それでよかったらどうぞ入って、暖まってください」と旅人を招き入れてくれました。火に当たってやっと暖まった旅人は、家の外から木の葉や草をとって来て火のまわりに置き、持っていた杖で何かをつぶやきながらとんとんとたたきますと、そこには次々とお正月のごちそうが出てきました。それがすむと旅人は老夫婦に「お風呂に入ってください」といいます。二人が家の裏に出てみると、そこには立派なお風呂が温かいお湯で満たされています。老夫婦がそのお風呂に入ると、すーっとからだが軽くなって、なんと二人は五十も若返って元気な若夫婦になっていました。それを盗み見した隣の金持ちが旅人をむりやり自分の家につれて行って、たくさんのごちそうを食べさせ、急いでお風呂をわかして、その風呂に入ったのですが、金持ちの家族はみんなブタになってしまったそうです。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。