石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  クスクェー!! |八重山民話

クスクェー!!

文 切り絵/熊谷溢夫
クスクェー!!

 夜、赤ん坊がくしゃみをします。
「くしゅん」
するとオバァーが小さな声で「クスクェー」といいます。
「くしゅん」……「クスクェー」。
 それにはこんな話があります。
 ある日の夕方、ひとりのお百姓さんが畑からの帰りにお墓の近くを通りかかると、そこからなんだかボソボソと話し声が聞こえてきました。なんだろうとそっと近づいて耳をすませてよく聞いてみると、「そうだ、赤ん坊がクシャミをしたら、すかさずお前がなく。それを三回続ければ、お前はその赤ん坊から一年間寿命をもらえる。わかったか」。
「ハイ、よくわりました」。
「あー、それから、お前がないた時、誰かが“クスクェー”というおまじないをとなえて、それが三回続いたら、お前はもうあきらめるしかしょうがない」というのでした。
 そのお百姓さんは、ちょうど隣の家で赤ん坊が産まれたばかりなのを思い出して、急いで帰り、今見聞きしたことを隣の人に教えてあげました。
 それからは、産まれたばかりの赤ん坊のいる家では、夜、赤ん坊がクシャミをして、その時猫の声を聞いたら「クスクェー」というようになったそうです。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。