石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  アンパルは生き物たちの交差点 1|石垣島コラムちゃんぷる〜

アンパルは生き物たちの交差点 1

文=アンパルの自然を守る会副会長 廣川潤

 風光明媚な石垣島には絶景ポイントがいくつもありますが、私のお薦めはバンナ岳の展望台から見る八重山諸島が見渡せる絶景と川平方面の名蔵湾、アンパルのマングローブ林八や於茂登岳も美しい景色で一見の価値ありです。ある時、ここから名蔵湾やアンパルを見ていた時に、於茂登岳に雲がかかり、山だけに雨が降っていました。その時、海で出来た雲が山にぶつかって雨を降らせていることで我々の生活用水が確保されていることを思いました。石垣島を支える於茂登岳の有り難さを感じました。於茂登岳に降った雨は、やがて集まって名蔵川となり、アンパルに注ぎ、やがて名蔵湾へと戻っていきます。このように水が循環しているのですが、展望台からは、ジオラマのようにこれを見ることが出来るのです。島を見る絶景ポイントの一つだと思います。
 このような「水の循環する道筋」には、これとクロスするようにアンパルや名蔵湾を中心とした「様々な生き物たちの道」もあります。いろいろな生き物たちが成長に従い沖合から名蔵干潟やアンパル湿地へ生きる場所を変えていく「道」や餌を求めて海と湾内を行ったり来たりする「餌探しの道」であったり、子孫を残すためにアンパルから海に向かう「産卵のための道」など、目には見えないけどアンパル湿地や名蔵湾干潟を「立体的な交差点」のように行き来しているのです。
 興味を持ってアンパル湿地や名蔵湾の干潟を観察してみましょう。ようく目を凝らすといろんな光景が見えてきます。思いもよらぬ楽しい光景が見れるかもしれませんよ。



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。