石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  巨樹・巨木との遭遇 1 ギランイヌビワ|石垣島コラムちゃんぷる〜

巨樹・巨木との遭遇 1 ギランイヌビワ

文/写真=松島昭司

 字平久保・平久保牧場の山林に根を張るギランイヌビワ(クワ科)です。胸高の幹周り8メートル30センチ、樹高約10メートルのずんぐりとした巨木です。
 アウトドアの楽しさの一つに、巨樹・巨木との遭遇があります。樹齢100年とも200年とも数える一帯の主との出合いは感動的です。
 昨年末、8・9年前の安良岳登山の折に遭遇したギランイヌビワを訪ねました。一般登山道が無い同岳は、国土地理院の地形図から斜面の難易度を推測して、安良側からの入山でした。入山して間もなく遭遇したのが写真のギランイヌビワです。威風堂々の巨木は、申し分なく一帯の主です。
 今回、久々の再訪ですが、以前にも増して発達した板根は、更なる巨木に成長すること間違いないようです。ところで、ギランイヌビワは他の亜熱帯の木々同様、さほど直根が深くない植物です。そのため、成長するにつれ、安定性確保のため板根が発達するようです。
 廃牧して久しい平久保牧場です。徐々に木々たちがテリトリーを広げています。在りし日の牛馬の避難小屋や薬浴場は木々に埋もれ、今ではその場所まで行き着けません。
 亜熱帯原生林が生い茂るふるさとの山々です。巨樹・巨木との予期せぬ遭遇は、予期せぬがゆえに感動的です。ふるさとの山々が緑豊かであることのあかしです。
 さて、次回はどのような出合があるのか楽しみです。



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。