石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
やえやまガイドブック
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  百姓とアッコン |八重山民話

百姓とアッコン

文 切り絵/熊谷溢夫
百姓とアッコン

 あるところに、ひとりの百姓がいました。毎日、朝から晩まで畑仕事に勢を出しています。
 百姓の畑の近くに一本の大きなアッコンが(アコウ)の木がありました。百姓は朝、畑に入る前にこのアッコンのところに来て、「お早うございます。今日も一日よろしくお願いします」とていねいにあいさつをします。また、お昼になると「またここで休ませてもらいますよ」と言って、アッコンの木の下でお昼を食べるのでした。夕方になると、「今日も一日、涼しい日陰をありがとうございました。また明日もお世話になりますよ」と頭をさげて家路につくのでした。
 このアッコンには神様が宿っていたので、神様はこの礼儀正しい働きものの百姓に、いつもほんの少しだけみのりを分けてあげました。
 百姓にその神様が見えていたのかって、いいえ、百姓が言うには「神様の姿は見たこともないけれど、いつも涼しい日陰をつくってくれるありがたい木だったからね」ということでした。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。