石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  荒川奥林道 開削から半世紀余が経過|石垣島コラムちゃんぷる〜

荒川奥林道 開削から半世紀余が経過

文/写真=松島昭司

 昭和31年に開削された荒川奥林道です。荒川橋の東から山奥に向かって延びる全長960メートルの林道です。いわゆる国指定の天然記念物・荒川のカンヒザクラ自生地を通過し、更に奥地へ延びる林道です。
 開削から半世紀余が経過し、現在は既に林道としての役目を終えていますが、部分的に幅2メートルのしっかりとした林道が往時をとどめています。老朽化していますが、コンクリート製の橋板も2箇所に残っています。
 琉球政府経済局の助成認可による同林道は、一帯が急しゅんな山林のため、林産物の搬出を容易にするための林道とのことです。利用面積40町歩、用材6400石を計画し、主にフクギ・シイ・カシ等の外に、薪炭を搬出する林道とのことです。
 前述したように、既に役目を終えた同林道ですが、一帯の散策にはもってこいの林道です。思えば小学校5・6年生のころ、父に連れ立ってカンヒザクラを見に登った同林道でした。当時は、多くの人々がお花見を楽しんだ荒川のカンヒザクラでした。奈良・吉野山のサクラほどではありませんが、ふもとの県道から見上げると、山腹を彩るカンヒザクラは見事でした。しかし、今はその面影はありません。
 話は戻ります。一帯の山々の散策にはなくてはならない同林道です。入山と同時に3合目まで続く心臓破りの急登には閉口ですが、毎回新しい出合いがある奥荒川です。2009年8月号掲載の「ウラジロの大群落」も同林道を登り、荒川の奥地で遭遇しました。さて、次回はどのような出合があるのか今から楽しみです。



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。