石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  巨樹・巨木との遭遇 4 アカギ|石垣島コラムちゃんぷる〜

巨樹・巨木との遭遇 4 アカギ

文/写真=松島昭司

 字平久保・平久保牧の山中に、亭々とそびえるアカギ(トウダイグサ科)の巨木です。近くを安良越道(やすらくいつ)が通ります。胸高の幹回り5メートル70センチ、樹高約15メートルを超す堂々の巨木です。
 初めて同アカギに遭遇したのは、平成8・9年ごろです。前述の安良越道踏破での偶然の遭遇でした。その安良越道を平久保側から入山して間もなく、山道が左右に分かれています。右に水のない谷川沿いを行く山道と、左に尾根道を登りはじめる山道です。さて、越道は右か左か定かでありません。
 とりあえず右を行くことにし、進むこと約100メートルです。目の前に現れたのが同アカギです。
否、現れたと言うよりも、行く手を阻むように正面に根を下ろしています。あまりの大きさに一瞬、樹種が特定できませんでした。しかし、それがアカギであることは、さほど時間を要しませんでした。これまでに遭遇した巨木アカギを上回る超巨木です。
 その日は、同アカギとの遭遇に感激いっぱいで、越道踏破は後日に譲ることにしました。その後、安良越道は分岐点を左に行くことが分かりました。そして、これまで数回、安良越道を通過するたびに立ち寄る同アカギです。再会のあいさつと、更なる成長への期待をこめ握りこぶしでの激励は欠かしません。



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。