石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  巨樹・巨木との遭遇 6 アコウ|石垣島コラムちゃんぷる〜

巨樹・巨木との遭遇 6 アコウ

文/写真=松島昭司

 川平湾の仲筋側海岸線に根を張るアコウ(クワ科)です。胸高の幹周り5メートル10センチ、樹高約10メートルの巨木です。
 アコウは、亜熱帯の郷土を代表する高木樹種の一つです。ところで、クワ科のガジュマルやアコウは、本来、単独ではスマートな樹形に育つ樹木ではありません。鳥や風によって運ばれた種子が、他の樹木の上部で発芽し、長い年月を掛けて下垂させた気根が、宿主を絞め殺して、宿主同様スマートな樹形に成長する樹木です。いわゆる、恩をあだで返して成長する樹木です。
 さて、同アコウとの出合は、今から10数年前のことです。干潮とは言え、まだ海水が引ききらない同海岸線を北上していた時のことです。遠方に一際巨大なブロッコリーのような樹冠が目に入りました。樹冠の一部が海面すれすれに垂れ下がっています。接近して見るとアコウです。
 垂れ下がった枝葉の間から中に入ると、薄暗い波打ち際の背後の斜面に根を張る巨木でした。スマートとはいかないが、間違いなく宿主を犠牲にして成長した樹形です。見上げれば、シダ植物も着生しています。
 去る6月上旬、久々に同アコウを訪ねました。以前に比べるとやや海側に傾いています。重さに耐えかねてか、一部砂浜に突き刺さった枝もあります。侵食が進む海岸線は、巨木になればなるほど厳しい環境のようです。
 遠くからアカショウビンの鳴き声が届く若夏の川平湾でした。



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。