石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  巨樹・巨木との遭遇 7 イタジイ|石垣島コラムちゃんぷる〜

巨樹・巨木との遭遇 7 イタジイ

文/写真=松島昭司

 於茂登岳(526メートル)の登山道約4合目に根を下ろすイタジイ(ブナ科)です。胸高の幹回り4メートル70センチ、樹高約10メートルの老年期を迎えた巨木です。
 於茂登岳は、県内の最高峰として登山者の絶えない山です。また、新日本百名山にも選定され、日本列島最南端の山として県内外からの登山者も増えつつあります。ところが、2010年10月の記録的豪雨による土石流で登山道の一部が決壊したため、昨今は、関係者以外の入山禁止のお布令が出ているようです。
 さて、イタジイは、スダジイとも呼び、亜熱帯原生林が繁茂する山々の極相林です。極相林とは、簡単に言えば、最終的に山々の緑を形成する高木樹種のことです。オキナワウラジロガシ、タブノキ、モッコク等々もそれに当たります。発芽・成長において、先を越された2次林をその内に追い越し、最終的には、それらが山々の緑を代表する木々に成長するわけです。
 ところで、同イタジイの樹齢は定かでありません。もちろん、優に100年は超す巨木です。しかし、冒頭でも述べたように、老年期を迎えたイタジイです。太い幹の心材は既に朽ちて空洞化し、外皮を含めたわずかの厚みで巨体を支えています。
 これまで、多くの登山者を迎えた4合目の番人・巨木イタジイです。付近でヨナグニカラスバト(ハト科)を確認したのが3年前でした。



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。