石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  西表島  >  新興集落の美原|西表島コラムちゃんぷる〜

新興集落の美原

文=通事 孝作(竹富町史編纂委員)
西表島ジャングルでの米軍の軍事演習

 竹富町の島々のなかで麗しい名のつく集落である。その名は美原。集落名には「美しい実りある原野」の意味が込められている。西表島の東北部にあり、町では最も新しい集落である。近く由布島、遠くに小浜島を眺望できる。さらに遠くに石垣島を遠望できて、視界が広がる。大字は古見、小字は慶田城原。一九七一年(昭和四六)八月八日の日本復帰前に対岸の由布島から十一世帯、四十八人の住民が移り住み、創建された。
  かつて居住地だった由布島は海抜一メートルにも満たない。そのため周囲を海域に囲まれた地理的環境は、住民に台風の恐ろしさを感じさせた。特に夏場になると、天気予報図から眼が離せず、台風の行方が気になった。そして、懸念していることが現実になった。
一九六九年(同四四)九月、台風十一号が来襲し、島全体が大波に呑み込まれた。住民は行き場を失い、恐怖感に包まれた。島では二度とこのようなこと起きないことを願い、さらに住民の不安を取り除くため、部落総会で島ぐるみの移転を決議した。 
  集落の移転については関係機関への要請活動を繰り返した。そして、ついに琉球政府も移転を認めた。これらを受けて一九七〇年(同四五)には移転に向けた工事が始まった。運が悪いことに、この年の八重山は未曾有の長期干ばつに見舞われ、大きな打撃を受けた。
  由布島での台風及び干ばつの恐怖から抜け出し、美原集落へ移住を決心した人々は、このような中で新天地に希望を抱き、新しき第一歩を踏み出した。移転の場所は、東部の古見集落の北方で、ヨナラ海峡が臨める所。そこは少々高台になっていて、自然が豊かな風光明媚な場所だ。移転に向けては、まず宅地造成を行った後、住宅の建設に入った。完成後は地区には十一世帯の屋根がトタンのコンクリート製の永久家屋が建ち並んだ。それは、あたかも農村団地のような感じだったと、当時の新聞は報じている。
  集落の人々は元来、竹富や黒島、それに沖縄本島に出身地を持つ。竹富島などから由布島を経て西表島に移転した住民は、厚き大志を抱き、新天地に大きな夢を託した。教育面でも大きな変化が起こった。由布小学校は移転に伴い古見小学校へ統合された。児童はスクールバスで学校へ登校することになった。
  西表島と由布島の間は約二百メートルほどであり、住民は移転前までは水牛車で西表島へ渡り農耕など行っていたが、移転により通耕は解消された。地区は、一九七二年(同四七)の復帰以後、農業基盤整備事業が進められサトウキビ、パイナップルなどの栽培が盛ん。牧畜も比較的、盛んに行われている。併せて自然が豊かであり、周辺一帯に緑が広がる。集落は、住民同士の心の結びつきも強く、地域振興に燃える。


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。