石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  巨樹・巨木との遭遇 12 サキシマスオウノキ|石垣島コラムちゃんぷる〜

巨樹・巨木との遭遇 12 サキシマスオウノキ

文/写真=松島昭司

 ンタナーラの上流に根を張るサキシマスオウノキ(アオギリ科)です。胸高の幹回り4メートル60センチ、樹高約15メートルの堂々の巨木です。ンタナーラとは、於茂登トンネルの南口の直下を流れて下って、底原ダムに注ぐ清流のことです。
  サキシマスオウノキは、その多くが紅樹林(マングローブ)内で観察できる高木樹種です。しかし、同スオウノキは、海岸から遠く離れた山中です。なぜこのような山中の清流沿いに生育するのか、理解に苦しみます。また、同川の中流にもスオウノキの群落があり、同巨木が群落の親木であると考えられます。
  さて、同スオウノキが根を下ろす山中の解釈です。それは、人為的な種子の持ち込みか、それとも、太古の海岸線がこの付近であったのか、独り思いはめぐります。ただ、後者の説が有力な理由として、海岸線から遠方の屋良部半島の山中や、カタフタ山の山ろくでも同スオウノキの大木が観察できることです。そして、それらの共通点が川沿いです。
  同スオウノキに遭遇したのが今から10年以上も前のことです。ンタナーラの最上流を目指した時のことです。足場の悪い川筋や滝つぼを越して程なく、右手に現れたのが同巨木です。板根の張りは、西表・古見のスオウノキほどではありませんが、これまでに石垣島で見たスオウノキでは最大です。
  清らかな流れのンタナーラです。上流には炭焼き窯跡も有り、先人たちの苦労がしのばれるンタナーラです。



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。