石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  西表島  >  稲刈り光景の佐久田|西表島コラムちゃんぷる〜

稲刈り光景の佐久田

文=通事 孝作(竹富町史編纂委員)
稲刈り光景の佐久田

 西表島は、稲作が盛んな米どころで知られる。古謡では「米ヌ島」として歌われ、米どころであることがわかる。歴史的には東部より西部のほうが盛んなようだ。その証拠に八重山に関する記述で、もっとも古い古文書で知られる一四七七年(成化十三)に書かれた「李朝実録」成宗十年の条に西表島の祖納等を見聞した「済州島民漂流記」がある。これには西表島で米、粟が作られ、材木を波照間、新城、黒島に移出している。この記録は西部に関わる記述だが、東部も同様だったと思われる。敷衍して考えると、古見地方で稲作が行われていてもおかしくない。
  西表東部は終戦後、創建された大原、大富、豊原、由布、それに古い集落の古見からなる。現在はサトウキビ栽培、畜産等に従事する農家がほとんどだが、昭和三十年代には稲作農家が今より多く、これら農家の栽培した米が水田に黄金穂を実らせて、田んぼにいっぱいに波打っていた。稲作が、今と同様に水が豊富な西表島のほか小浜島、天水田の波照間島では田んぼに脱穀機が置かれ、地区内には精米所がうなり声を上げ、農家は米づくりに忙しかった。
  写真は佐久田地区での昭和三十年代における稲刈り光景。現在、同地区は県営の土地改良事業が進み、今は耕地が全てサトウキビ畑に様変わりしている。現在は西表糖業が建設され、キビ一辺倒に変貌している。しかし、昭和三十年代には水田が広がり、今とは様相を異にしていた。
  稲作は、水田づくりから始まり、苗作り、田植え、除草、収穫、と年間を通じて繁忙だ。特に稲刈りの時期は忙しく、猫の手も借りたいほどだ。しかし、今では機械化が進み、ほとんど農機具に頼っているのが現状で、かつては人手を多く必要とする人海戦術が主流だった。写真をみるとよく分かる。
  水田いっぱいに黄金の穂を垂れた稲を、鎌で刈り取る農家の人たち。刈り取る手に力が入る。刈り取った稲穂は、丁寧に一握りごとに同一方向に並べられて後方に置く。そして刈り取り人は前進む。一九五四年(昭和二十九)頃に撮られた写真だが、この年は豊作だったのだろうか。
  八重山の歴史、民俗の中で米に関する古謡といえば「稲が種アヨウ」が想起される。稲の生長する様子を謡い、稲穂が石のように硬く、金のような実をつけ、世果報をもたらしてほしい、との願いが込められている。佐久田地区は耕地整備によりサトウキビ一本だが、古くは稲作が行われていた。


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。