石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  化け猫と鉄砲玉 |八重山民話

化け猫と鉄砲玉

文 切り絵/熊谷溢夫
八重山民話

 昔々、ある山の中に、狩りをして暮らしている兄弟がいました。
 ある日、兄の方が病気になったので、弟がひとりで狩りに出ることになりました。持っていく鉄砲玉は、いつでも五つと決まっていました。それを用意しておくと、一匹の年老いた猫がこっそりと家の中に入ってきて、何気ないふりをしてその鉄砲玉を数え、またそっと家の裏に出ていきました。
 兄弟はそれに気がつき、「なぁ、猫は年をとると化けるという。今日はもうひとつだけたくさん鉄砲玉を持っていこう」と話し合いました。
 弟が山に入ってしばらくすると、目の前を大きな生きものがサーッと走りました。弟はその生きものがイノシシだと思って「ダーン」と鉄砲を放ちました。その度にその生きものはヒョイと身をかわして、弟はとうとう五つの鉄砲玉を使いはたしてしまいました。すると、あの生きものが急に木の陰から姿を現しました。それは、あの年老いた猫の化け物で、今にも弟をかみ殺そうと大きな爪のある足をふりかざし大きな牙のある口をあけて弟に向かってきました。
 弟はかくしていた六つ目の鉄砲玉を鉄砲に込めると、「ダーン」と猫の口をめがけて放ちました。
 こんなことがあってから、猟師たちは、いつでも一つだけ余分な鉄砲玉を持って猟に出るようになったそうですよ。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。