石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  波照間島  >  巨樹・巨木との遭遇 16 クロボーモドキ群落|八重山コラムちゃんぷる〜

巨樹・巨木との遭遇 16 クロボーモドキ群落

文/写真=松島昭司
クロボーモドキ群落

 波照間島の白郎原御嶽(シサバルワー)の境内で遭遇した常緑のクロボーモドキ(バンレイシ科)の群落です。胸高の幹回りは、太いもので70センチですが、その多くが樹高約8メートル前後もあるスマートな木々たちです。
  今回は巨樹・巨木というよりも、波照間島と西表島のごく限られた場所でのみ群落を形成するクロボーモドキです。クロボーとは、リュウキュウガキ(カキノキ科)の沖縄方言です。葉がリュウキュウガキに似ているため、方言名がそのまま和名になったようです。台湾(蘭嶼)にも自生し、八重山が北限です。
  さて、前述の波照間島の白郎原御嶽ですが、同島では最も神聖なピィテーヌワー(原野の御嶽)の一つです。同ワーへは、日頃神司以外の立ち入りが固く禁じられています。しかし、年3回のミヤクツアイ(御嶽の中の神ヌ道を清掃する日)には、一般の方も立ち入りができます。
  昨年、旧暦10月壬申(みずのえさる)のミヤクツアイで、クロボーモドキの群落を訪ねました。革質でつやのある葉と、前述したスマートな幹の林立がそれと分かります。石垣島では、今のところ見つかっていない同モドキです。なぜ波照間島と西表島にのみ自生するのか不思議です。ちなみに西表島の群落は、字南風見(大原)・大保良田に整備された改良水田北方の琉球石灰岩のがけ一帯です。
  今回は、県レッドデーターブック掲載の絶滅危惧種に指定されたクロボーモドキの群落でした。

クロボーモドキ群落


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。