石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  新城島  >  巨樹・巨木との遭遇 17 シマグワ|八重山コラムちゃんぷる〜

巨樹・巨木との遭遇 17 シマグワ

文/写真=松島昭司
シマグワ

 新城島(パナリ)の下地島で遭遇したシマグワ(クワ科)です。胸高の幹回り1メートル90センチ、樹高7メートルの堂々の巨木です。
 さて、昨年の初秋、竹富町史編集室から委嘱された新城島の調査員に同行して同島へ渡りました。調査の初日は、全島が牧場化した下地島です。人口は、牧場の管理人が1人と伺いました。それにひきかえ、牛の総頭数は400余頭(『平成21年度 八重山要覧』から)です。 
 港から内陸に向かう1本道を行きます。直後、右側には海岸林から延長の樹林帯の中にハスノハギリの巨木群が見えます。中には、昨年7月号に掲載した「巨樹・巨木との遭遇ゥ魯好離魯リ」をしのぐ超巨木が確認できます。
 また、同群落内には、昭和37年の廃村でパジ願い(信仰解除の祈願)をした御嶽跡があり、その後に建立された「下地東御嶽拝所」「ぱんぞう御嶽拝所」の石碑があります。
 さらに内陸に進み、わき道を行くと鉄棒の傍らに「大原小学校下地分校跡」の碑があります。昭和29年に廃校になった同分校は、同22年には最多32人の児童が在籍していました。その分校跡で遭遇したのがシマグワです。全体的に成長の遅いシマグワです。同クワの正確な樹齢は不明ですが、その幹回り、著しい樹皮の凹凸から推測すると、優に半世紀以上は経過している巨木です。間違いなく分校の歴史を知る生き証人です。時には、子供たちに美味しいクワの実を提供したのかもしれません。
 末尾になりますが、他島で遭遇した巨木・シマグワを紹介します。小浜島・嘉保根御嶽の巨木、竹富島・宇根家の巨木、黒島・横目家の巨木です。特に黒島の巨木は、竹富町の文化財「桑の老木」として指定(昭和47年8月)されています。


>新城島の特産品・おみやげ・本

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。