石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  ねずみがくれたひょうたんの種 |八重山民話

ねずみがくれたひょうたんの種

文 切り絵/熊谷溢夫
八重山民話

 昔々、村の広場で子供たちが仔ねずみをつかまえていじめていました。そこへ、おばあさんが通りかかって、そのねずみを助けてやりました。それから何日か過ぎた日の夕方、一匹のねずみがそのあばあさんをたずねてきました。そして、一粒のひょうたんの種をさし出すと、それを植えなさいと言いました。
 おばあさんが庭の隅にその種を植えると、次の日には芽を出し、日に日につるが伸びてやがて大きなひょうたんの実がなりました。
 おばあさんがそのひょうたんを取って家に持ってくると、その中からチャリン、チャリンと音が聞こえてきます。なんだろうとおばあさんがひょうたんを切ってみると、中から黄金がザクザクと出てきました。
 おばあさんはその黄金を困っている人たちにわけてあげました。それを知った欲張りのおばあさんが自分もねずみをつかまえて、ひょうたんの種を持ってこさせました。でもこの欲張りなおばあさんのひょうたんからは、とてもくさいドロドロが家をうめてしまうほど出てきただけでしたとさ。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。