石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  八重山全般  >  一枚の写真から「錠」|八重山コラムちゃんぷる〜

一枚の写真から「錠」

大石直樹
八重山コラム「錠」

今年もまた、多くの若者が島を出ていった。

ほとんどが高校卒業生だ。

ある者は友達同士、ある者はクラブの後輩らに見送られ、花束を抱えてのサヨナラである。

旅立つ者の顔はどれも満面の笑みをたたえている。

そうした見送りのフィナーレが、空港派出所の上の送迎デッキ。

このフェンスに錠がかけられ始めたのはいつの頃からか。

いつのまにか数十におよんでいる。

どんな人が、どんな思いを託しこの錠をかけたのだろう。

小さな島にいればこそ、広い世界の夢を見る。

小さな島だからこそ、島の隅々に思い出も詰まっていよう。

迷うことのない島の道。

釣りをした岩場の形もその色も。

砂の色もその大きさも。

別離の悲しみを歌った島唄に「つぃんだら節」がある。

琉球王朝時代、黒島から石垣島野底に強制移住させられた女性マーペーの物語。

マーペーは将来を誓い合った愛しいカニムイが住む黒島を、一目見たくて日をかけ裏山に登るが、於茂登山にさえぎられ悲嘆のあまりそのまま石になったという伝説。

マーペーは、その心を石にして残している。

錠も心の象徴か。

ともに青い海と空の向こうに、今も恋しい「カニムイ」がいるのだろうか。

旅立つ者は社会人もいよう。

帰島の約束の印かも知れないこの錠は、まじないなのか願いなのか。

それにしても、解くことができなかったのだろう、何年もたったらしい錆びた錠がある。

心には鍵はかけられないものを。

そしてまた、今年も二つ三つ、新しい錠がフェンスにかけられた。

(情報やいま1997年4月号より)

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。