石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  名医になった男 |八重山民話

名医になった男

文 切り絵/熊谷溢夫
八重山民話

 昔、ある男が、深い山に入って木を切り出そうと出かけていきました。すると、深い繁みの中から、うんうんと苦しそうな声が聞こえてきました。男は、自分の他にも誰かが山に入って、急な腹痛でもおこしたか、大けがでもして苦しんでいるではと思ってその繁みにふみ込んでいきました。
 そこで目にしたのは、大きな龍が太いつたにからまり、身動きがとれなくなっているところでした。龍は、男を見ると、「このつたを切ってくれ、ワシの力でもどうしても切れぬ。たのむからお前の持っているそのオノで、このつたを切ってくれ」と頼みました。男はとても怖かったのですが、もう夢中でオノをふるい、龍にからまっている太いつたを切ってやりました。
 自由になった龍は、「このことは、他の人間には絶対話すな。そのかわり、お前をこの世で一番の名医にしてやろう」というと、たちまち、黒いつむじ風をおこして、空に舞いあがっていきました。龍がいままでいたところには、大きな壺が残されていました。
 そして、天の高いところから龍の声がして「その壺の中味は、万病にきく薬だ。それさえあれば、どんな病も治せる。その薬で世の中の人々を助けてやるがいい」といいました。
 こうして男は、たちまちどんな病も治せるという名医になり、やがて、王様にかかえられ、ますますたくさんの人たちを助けたということです。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。