石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  与那国島  >  突き船はなやかりし頃|与那国島コラムちゃんぷる〜

突き船はなやかりし頃

文=米城惠
突き船はなやかりし頃

― 「老人と海」さながらの漁師も ―
 数年前のことである。台湾・蘇澳南方澳の湾内で突き船がぎっしり停泊している偉容をみたとき、これはどこかでみた光景だ、と思った。記憶の糸をたどってみたら、終戦直後の久部良港のイメージに重なった。
「みえたぞ……」かじき(旗魚)漁のクライマックスシーンは、見張りの声で幕をあける。
「船はかじきを追って急旋廻。突き台の二人は台のベルトに足を突っかけただけの危険な姿勢。見ていてもひやひやする。船が山のような波を乗り切るたびに、二人の体は数十メートル上下する。海面にかじきの姿が黒く見えた。モリが飛ぶ。かじきはモリの先のツメを体にくい込ませたまま、死にものぐるいで逃げまどう。船がぐいと引っぱられる。ものすごい力だ。第二、第三のモリが飛ぶ」。
  一九六九(昭和三九)年七月のある日、毎日新聞の一木修記者、および石田寛一カメラマンは突き船に同乗し、島の南方三〇キロの海上、南の風が十メートルと強く、うねりの高い最中のかじき漁をルポした。
  乗組員は五人、いずれも四年連続漁獲高一位の猛者たち。ちなみに、この年に、東京オリンピックは催された。
  その後、かじき漁は、突き船による集団的なものから、近代化したサンパンによって曳き縄の腕をきそう単独的な漁に移行する。
  このような時代のヒーローが、たとえば、糸数繁だった。
  ヘミングウェイの「老人と海」の主人公は来る日も来る日も一人小舟に乗り出漁する老人だったが、糸数も一九二三(大正十二)年、十六歳で漁師となって以来、六十年余をひとりサバニに乗り出漁した。ただし、その最期は、八二歳のとき、巨大かじきとの格闘で力尽き、海に引き込まれてという壮絶なものであった。
  かじきの突き手の両足を、双方から人がつかんで固定し、という形ではじまった与那国のかじき漁は、八重山の突き棒漁業の端緒であったが、その後、突き船の導入、機械化の推進、曳き縄漁業の普及という過程を経ながら成長してきた。また、九〇(平成四)年からスタートし、ことしで二四回を迎える「国際カジキ釣り大会」の開催も、かじきと与那国のつながりをアピールしてきた。そして平成二三年は一四五三本、二〇トンを記録し、沖縄県で相かわらず最高のかじきの水揚げ(曳き縄)を誇っている。


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。