石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  空を飛んだ男 |八重山民話

空を飛んだ男

文 切り絵/熊谷溢夫
八重山民話

 昔、首里の王に仕える男がいました。ある日、釣りをしていて、草むらにひとつのしゃれこうべを見つけてあわれに思い、それを洗骨してていねいに葬ってやりました。
 またある日、王から「今日中に手紙を山原の親方に届けてくれ、国の大事にかかわることだから死ぬ気で走れ」といいつけられました。でも首里から山原まではどう考えても一日で走りぬけるのは無理です。
 男はもうこれは死ぬしかないと考えていました。そこへひとりの男が現れて、「私に任せなさい。きっと今日の夕方までにはあなたを山原までつれていってあげます」といい、男を自分の背にのせると、「あなたはじっと目をつぶっていて、私の背から決して手をはなさないでいてください」と言いました。
 男がその通りにすると、なんだか急にからだが空中に持ち上げられ、びゅうびゅうと風を切って飛んでいくようでした。
「さあ、着きましたよ。もう目をあけてもいいですよ」と言われて目をあけてみると、男はもう山原の親方の屋敷の前に立っていました。こうして男は王の大事をはたすことができて、国を救うことができたのです。
 あの不思議な男はもうどこにもいませんでした。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。