石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  波照間島  >  巨樹・巨木との遭遇 21 ヤエヤマコクタン|八重山コラムちゃんぷる〜

巨樹・巨木との遭遇 21 ヤエヤマコクタン

文/写真=松島昭司
ヤエヤマコクタン

 波照間島のシムスケー(古井戸)の西隣で遭遇したヤエヤマコクタン(カキノキ科)です。胸高の幹回り2メートル10センチ、樹高約5メートルの堂々の巨木です。正確な樹齢は不明ですが、その堂々の幹回りから推測すると、優に100年は超えている巨木であると考えます。
 和名・ヤエヤマコクタン(別名・リュウキュウコクタン)は、沖縄県では方言名のクロキまたはクルチが一般的です。黒褐色をした樹皮がその由来のようです。沖縄本島・八重山列島・中国南部・マレーシア・ミクロネシア・インドなどの熱帯・亜熱帯に広く分布しています。成長が遅い常緑の中高木で、固い材質が特徴です。そのため、幹の中心部分の心材は三線の材料(棹)として早くから重宝されてきました。また、盆栽・庭木・家具・器具・記念木・街路樹など、多様な用途の有用樹木でもあります。
 ヤエヤマコクタンは、昭和52年に石垣市の「市木」として選定されました。その理由は、「高木で樹勢強健、土質を選ぶことなく岩石の多い乾燥地にも耐え、風潮害にも強く、枝葉の分岐が多く諸種の樹形に仕立てることも可能である」、「強健でたくましい成長力は、将来の石垣市を象徴するにふさわしい樹木と思料される」とされています。
 また、昔は旧盆の三日間、仏前に供える果物類の一つとして、欠くことのできないヤエヤマコクタンの実でした。昨今は、島外産のメロン・バナナ・リンゴ・オレンジ・ブドウ等が主流ですが、生活物資の移出入が皆無に等しかった遠い昔、アダン・バンジロー・シークァサー等の実とともに仏前に供えました。
 今回は、波照間島で遭遇した巨木・ヤエヤマコクタンです。冒頭に述べたシムスケーは、伝シムス村の下り井戸(ウリカー)で、昭和47年に竹富町の文化財・史跡として指定されました。

ヤエヤマコクタン


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。