石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  小浜島  >  Vol.7 巨樹・巨木との遭遇 22 ゴバンノアシ |小浜島コラムちゃんぷる〜

Vol.7 巨樹・巨木との遭遇 22 ゴバンノアシ

文/写真=松島昭司

 小浜島・コーキの海岸で遭遇したゴバンノアシ(サガリバナ科)です。幹回りは1メートル30センチ、樹高は5メートル弱です。他の高木樹種と比較すれば、決して巨樹とは言えませんが、ゴバンノアシとしては堂々の巨木です。
 ゴバンノアシは、海岸に生える常緑の植物です。沖縄県では、石垣島や西表島に稀産し、台湾・マレーシア・オーストラリアなどの太平洋の島々に分布する植物です。しかし、自身、石垣島の海岸に自生するゴバンノアシに遭遇したことはありません。また、西表島の海岸線は、その多くが未踏です。ところで、ゴバンノアシというユーモラスな和名は、その果実(写真)にあります。形といい大きさといい、まるで「碁盤の足」そっくりの果実です。
 さて、昨年の初夏に前述の海岸で遭遇したゴバンノアシです。琉球石灰岩の岩間に根を下ろしていました。冬季には北風が吹きすさび、また、台風時には高波をかぶる最悪の環境です。枝先の多くが折れているのは、そのせいかも知れません。そのため、樹高も前述の頭打ちのようです。しかし、このような環境にもかかわらず、ここまで育った彼女には脱帽です。
 少し脱線します。ここコーキの海岸は、昭和10年にトラバーチンの採石事業が行われた場所です。トラバーチンとは、平行な縞状の細孔をもつ無機質石灰岩のことです。小浜島のトラバーチンは、その良質さが買われ、国会議事堂の中央広間の壁材として使用されました。しかし、昭和18年、太平洋戦争の混乱で採石事業は終了したようです。現在、一帯には未採石のトラバーチンが大規模に露出し、その上部に根を張る巨木・ガジュマル(クワ科)の群落は見事です。同群落は、昭和51年3月に「コーキ原のガジュマル群落」として、竹富町指定の天然記念物になりました。
 今回は小浜島で遭遇した奇跡の1本・ゴバンノアシです。これからは、機会あるごとに彼女を訪ね、近況を確認したいと思います。



>小浜島の特産品・おみやげ・本

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。