石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  セレクト特集  >  石垣で蚕を育て、絹糸をつくる | 八重山を読む!セレクト特集

石垣で蚕を育て、絹糸をつくる


 
天然繊維のひとつ、シルク。
八重山でも以前盛んだった養蚕業。
今でも蚕を孵化させ、世話をし、絹糸をつくりあげる人がいる。
歯車がいくつも重なる昔ながらの糸車で糸をひく。


八重山でも盛んだった養蚕


 石垣島のちょうど中央あたり、開南で養蚕をしている方がいると聞いておじゃますると、囲いの中には緑の葉と数え切れないほどの白い幼虫が。むしゃむしゃと音が聞こえてくる。蚕が桑の葉を食べている音だ。蚕のその数、12000頭(匹ではなく頭で数えるところも驚き)だという。
 開南の当銘光子さんは、現在夫婦でパインやサトウキビを育てるかたわら、年に一度蚕を育てている。繭から製糸し、島の草木で染めて織る全工程を行っている。1981年から1987年までは夫婦で養蚕を生業としていたが、糸の輸入で繭の価格が低迷し、家業として成り立たなくなり転向を余儀なくされた。現在は、キビとパインの合間、蚕の生育に適する春先に、畑の作業と平行させながら蚕を育てる。
 八重山での養蚕は戦前から行われており、戦後徐々に増え、明石、伊原間、伊野田、星野、開南、於茂登など石垣島東部を中心に養蚕小屋が建ち、盛んに行われていた。桑畑も多く見られ、1979年には養蚕繭出荷施設ができ、養蚕組合もあったという。竹富島でも小屋がいくつもあった。八重山の養蚕業は繭の状態で本土へ出荷するのが主で、製糸までは、趣味程度でやる一部の人だけだったという。そして、1980年代、大量輸入による価格の暴落で島の養蚕農家は一斉にやめていった。今も小屋が残っているところもあるが、ほとんどが廃屋のようになっている。現在八重山で養蚕を行っているのは、当銘さんの他に数人のみで、自ら仕上げた糸で織りまでしているのは当銘さんだけだ。
 蚕が卵から糸になるまでは、1ヶ月半ほど。卵から孵り、幼虫となり、繭を巻いて中でさなぎになる、繭ごと煮て糸になるという一生だ。卵は県外から取り寄せている。孵化すると、毎日えさの桑の葉をあげる。脱皮を4回繰り返し、一齢から五齢まで成長する。桑の葉をあげる時期はほぼ付きっ切り。葉をとってきてはあたえ、を繰り返す。脱皮をする前の日は一日中寝ているそうだ。体の大きさは生まれた時の一万倍にもなるという。熟蚕したら繭を吐き出し始める。


 蚕はとてもデリケート。農薬や煙が苦手だ。タバコのニコチンをはじめ、蚊とり線香の煙などでも、それに含まれる成分で中毒を起こし、病気になったり死んでしまったりする。そして、タバコ畑の隣で育った桑の葉を食べただけでもダメージを受けてしまうという。除草剤や殺虫剤もだめ。アリやネズミも大敵で、囲いのまわりにはアリ除けのために石灰をまいている。
 繭をつくる場所、まぶしと呼ばれる道具が上から吊るされている。繭の大きさに合わせた四角のマスがかたどられたまぶしに、熟蚕した蚕から1区画に1頭ずつ入れられ、繭の形ができてきていた。中にいる蚕が透けて見えるものもある。蚕は2日以上糸を吐き続け、その長さは900〜1,500mにもなるという。


 繭ができたらひとつひとつ点検。外側のケバを手で取り除き、糸車で糸を引くための準備をする。この作業が果てしないという。でも、今年の繭はつかえない物は少なく、できがいいという。丸い繭になったとしても、汚れがあったりすればつかえないものもある。
 糸を引く当日。繭を熱湯に数分つけて、ここで蚕は一生を終える。しっかりお湯を浸透させ、糸を引きやすくする。この時のお湯の温度やおく時間で糸のでき具合が変わってくる。煮たりないと糸が出てこなかったり、煮すぎると途中で切れてしまう。時間を充分おいたものから、保温しながら糸を紡いでいく。現在は炊飯器で保温しているが、以前は石油コンロだった。火を注意する必要もあったし、臭いもきつく、今はだいぶ楽になったという。


全行程手作業の絹糸


 26〜30粒くらいの繭から出る糸を一度に紡ぎ合糸する。それだけ1本1本の糸が細いという事だ。好みや何をつくるかによって、ここで糸の太さを調節する。座繰りという糸車をひたすら回しながら、もう片方の手では、小さなゴミをとったり、新しく繭を投入したり、目が離せない。1日何時間も回しているので筋肉痛にもなる。


 当銘さんは「年に1回の趣味だよ」と笑う。完成させた反物、ストールなどは展示会に出展している。娘さんの成人式には着物を手作りした。当銘さんは1970年代、旦那さんと養蚕を始める前に、竹富島で染織家に師事し、5年ほど染織と養蚕を学んでいた。1983年には日本民藝館展で奨励賞を受賞している。当銘さんの旦那さんは、「生の絹糸のよさを知ってるから、手間がかかってもやりたいんだろうね」と微笑む。
 現在、当銘さんと一緒に蚕を育てているのは、森田みゆきさんと上原久美さんと他に1、2人。ここで絹糸をつくる以外は、みなさん個人で染織をしている。上原さんは、息子さんの成人式のために、去年自らつくった糸を藍で染めて着物を織り、羽織りを現在制作中だ。
 合糸された糸は、さらに撚りをかけ強度をつける。撚りをかける撚糸機は、当銘さんが1983年からずっとつかっているものだ。カラカラと年季の入った音が響く。養蚕が盛んな県外の地域では、電動のものをつかっているところが多く、残っているのも少ないのではと話す。


精練をして真っ白な生糸ができあがる


 5月の晴れたこの日、朝9時前から仕上げの精練作業開始。シンメーナービにお湯を沸かす。藁を燃やした灰に熱湯をかけ、ろ過した藁灰汁を火にかけ糸を精練する。糸についている蚕のたんぱく質を落とすためだ。火を炊いた大きな鍋の上で、お湯にくぐらせたり、繰ったりするのはとても熱く労力のいる作業。仕上がりの糸の硬さによって時間を調整し、2、3時間炊き、干して乾かして、糸のできあがりだ。糸の柔らかい弾力性と光沢が出る。白く、艶がでた糸がお日さまを浴びてキラキラしている。
  当銘さんは、自分のできるだけでいいから続けていきたいと話す。一緒にやりたい、教えてほしいという人がいるうちは。島での養蚕業の最盛期を支えていた、技術を持っている方が元気なのは今しかない。その後は自分の代で終わってしまう。これだけ手間のかかる作業だが、「きれいな白い糸ができた時がとても嬉しい」と穏やかな笑顔で話す。





>八重山の島々の特産品やおみやげ


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。