石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  巨樹・巨木との遭遇 28 ハマイヌビワ

巨樹・巨木との遭遇 28 ハマイヌビワ

文/写真=松島昭司
ハマイヌビワ

 川平・前嵩の旧クイツ牧で遭遇したハマイヌビワ(クワ科)の巨木です。転落しないように無数の根を広げ伸ばし、しっかりと岩に抱き付いていました。
  旧クイツ牧とは、底地ビーチの広大な駐車場の南端から西回りで南下し、崎枝湾のクルマエビ養殖場背後の山ろくまでの南北に長い牧です。同牧は、明治以前からあった古い宇利真(ウレマ)牧を昭和23年に引き継いだ牧ですが、すでに廃牧となりジャングルと化しています。
  さて、常緑の低木又は小高木のハマイヌビワは、奄美以南の琉球の海岸近くの石灰岩地帯に多く自生します。また、台湾・フィリピン・ニューギニア等にも自生するようです。ハマイヌビワは、ガジュマルやアコウと同じく、絞め殺しを得意とする植物です。鳥のふんに含まれた種子が他の植物の上部で発芽し、徐々に根を下ろしながら宿主を絞め殺して成長します。いわゆる、恩をあだで返す植物です。しかし、写真のハマイヌビワは、たまたま巨岩の側面で発芽して成長したようです。その網目の様な根につい足が止まりました。
  一方、先人たちはアリンガフ(方言名:ただし地方によって若干異なる)と呼び、なじみの深い植物であったようです。それは、火種の材料としてよく使用されたからだそうです。つまり、線香のように火種のまま長時間消えないため、野良仕事のときは火筒に入れて出かけたと当時を話します。
  今回は、うるずん真っ只中の旧クイツ牧で遭遇したハマイヌビワでした。

ハマイヌビワ


>石垣島の特産品・おみやげ・本

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。