石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  西表島  >  巨樹・巨木との遭遇29 サガリバナ|西表島コラムちゃんぷる〜

巨樹・巨木との遭遇29 サガリバナ

文/写真=松島昭司
寄宿舎での寮生活

 西表・元成屋の炭鉱跡の湿地で遭遇したサガリバナ(サガリバナ科)です。根元の幹周りは3メートル10センチ、樹高約12メートル。大小のひこばえが10株を数える巨木です。湿地を好む常緑の植物で、琉球(奄美大島・徳之島・沖縄島・宮古島・石垣島・西表島・与那国島)に自生し、台湾・中国大陸南部や旧世界の熱帯にも分布するようです。
 元成屋とは、船浮湾の北側に位置する一帯の称です。1885(明治18)年に始まった西表炭鉱のさきがけの地でもあります。写真のサガリバナが生える周辺には、炭鉱時代を物語る多数の空きビンや、食器片が至るところに散乱しています。
 さて、近年、サガリバナが脚光を浴びたのは、早朝に仲良川の川面を流れ下るテレビ報道がきっかけであったと記憶しています。夕刻に開花し、明け方までには落下するたった一夜の命と併せて、芳香を放つ可憐な花びらに多くの観光客が来島したようです。以来、石垣島でも開花期には、「闇夜の貴婦人」としての異名を持つサガリバナとの対面で話は持ちっきりです。
 ところで、意外や意外、一昔は猪垣として利用されたサガリバナです。挿し木が可能なことと、湿地を好むことで水田の周囲に打ち込めば、枯れることなく枝葉を伸ばし、いつまでも垣の役目を果たす有用樹木として利用されました。網取湾奥のアミヤ川周辺のウダラ田跡には、サガリバナ猪垣が今も残っています。
 今回は、西表炭鉱のさきがけの地・元成屋で遭遇したサガリバナでした。

寄宿舎での寮生活


>[特集]夏の風物詩[石垣島]平久保のサガリバナ
>西表島の特産品・おみやげ・本



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。