石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  巨樹・巨木との遭遇30 ハゼノキ|石垣島コラムちゃんぷる〜

巨樹・巨木との遭遇30 ハゼノキ

文/写真=松島昭司
ハゼノキ

 桴海・大田の山林内で遭遇したハゼノキ(ウルシ科)の巨木です。胸高の幹回り2メートル、樹高約12メートルのハゼノキらしからぬスマートな巨木です。
 ハゼノキは、低地から山地にかけて自生する雌雄異株の落葉性の高木です。四国・九州・小笠原・琉球(奄美大島・沖縄島・久米島・宮古島・石垣島・西表島)や台湾・中国大陸南部・東南アジアの熱帯や亜熱帯に分布するようです。沖縄県では、数少ない紅葉樹の一つです。
 本土に分布するハゼノキは、古くは琉球(沖縄島)から移植されたものが野生化したとも言われています。冒頭の「らしからぬ」とは、各地で遭遇する多くのハゼノキが、決してスマートな樹形ではなく、数本の幹が同時に伸びて自由ほん放で様々な樹形をしているゆえの表記です。
 ところで、ウルシ科のハゼノキは要注意です。個人差はありますが、中にはハゼノキのそばを通過しただけでかぶれる人もいるようです。私もヤブこぎの斜面で山頂を目指す折、何気なく手を掛けた樹木がハゼノキである場合がよくあります。すると2、3日後に耳たぶやまぶたなど、柔らかい表皮の部分に「効果てきめん?」の症状が出ます。それでも懲りないアウトドアです。
 今回は、2013年4月号で紹介した24カンヒザクラの近くで遭遇したハゼノキでした。

ハマイヌビワ


>石垣島の特産品・おみやげ・本

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。