石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  倉ごともらう |八重山民話

倉ごともらう

文 切り絵/熊谷溢夫
八重山民話

 昔とても欲の深い役人がいました。この役人は、王府から言いつかった貢物の他に、自分の財産を増やすために、漁師や百姓にとても重い税を言いつけて自分の屋敷の中の倉にため込んでいました。たまりかねた村々の人が、この役人のところに来て話し合いをしましたが、役人はいっこうに聞く耳を持ちません。それどころかもっと税を増やすとおどかしました。そこへひとりの村人がやってきて、自分が持てるだけでもいい、村人に戻してやってくれないかと役人に頼みました。役人はその村人を見て「この男がひとりで持てるといってもせいぜい米2袋くらいだろう」と思い、「よし、お前が一度に持てるだけのものを持たせてやろう」と、この村人の申し出を受けました。
 その村人は「それはよかった。それではいただいていきます」といって役人の倉の床下に入っていくと、「うーん」と手足をふんばりました。するとどうでしょう。倉がぐらぐらと揺れだして、とうとう柱が地面からはなれたではありませんか。
 村人はそのまま倉を両腕で差しあげると、ゆうゆうと歩き出してとうとう自分の村まで持って帰ってしまったそうです。役人はもうこんなにおそろしいところにいるのはあぶないと思い、さっさと島から逃げ出してしまいました。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。