石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  八重山全般  >  米軍潜水艦の攻撃を受け沈没した湖北丸|八重山コラムちゃんぷる〜

米軍潜水艦の攻撃を受け沈没した湖北丸

文=通事孝作

 大阪商船(株)が保有した湖北丸は一九一五年(大正四)三月三十日に起工、同年八月二十六日に進水、十月十五日には竣工を終えて神戸〜高雄間の処女航海に出た。船の規模は総屯数二,六一〇トン、速力十二ノットを有する近代的な船舶であった。一九二八年(昭和三)十一月から一九三一年(同六)五月までの二カ年間半は、神戸〜フィリピン定期航路で活躍した。
日本からフィリピンへの輸出品は野菜類、洋灰、硝子器、綿糸布、燐寸、寒天、古麻袋などで、輸入品は木材、マニラ麻、パルプ、コマナット類だった。一九二九年(同四)には地下足袋を初めてフィリピンに輸出した。同船は、フィリピン定期航路で使用されていたが、その後、沖縄航路向けに改善されて航行した。一九三一年八月現在、船長は中野大八だった。
フィリピン航路を終え、大阪〜基隆線に切り替わった湖北丸が一九三一年八月七日、石垣港に姿を現した。当時の『先島朝日新聞』は八月八日付けで、「優秀船湖北丸昨日朝、石垣港に勇姿を現はす」と報じた。一九三五年(同一〇)六月には神戸〜沖縄の航路を航海し、一九三七年(同一二)六月になると、鹿児島〜名瀬〜那覇の航路に変更になった。その時、石垣港に再び寄港し、大型船の威容を八重山住民に披露した。一九三八年(同一三)一月には神戸〜沖縄、一九四一年(同一六)九月には大阪〜那覇の航路になった。 日本は、それ以前から軍事優先で軍国主義の道を歩み、アメリカやイギリスらを相手に一触即発の状態にあった。そして、ついに一九四一年一二月八日、アジア太平洋戦争に突入した。湖北丸は一足早く一九四一年九月二十九日に陸軍に徴傭され、対アメリカ開戦後は南方への兵員や物資輸送の任務に従事した。一九四二年(同一七)には宇品、門司、大阪、それに台湾の高雄と中国の大連、南京、上海、青島、朝鮮の釜山、台湾の基隆など三十余りの軍事航海をこなし、時には病院船の役割も担った。一九四三年(同一八)になると、一九四一年と同様な航海を繰り返し、戦況は一段と厳しさを増してきた。
そして一九四四年(同一九)一〇月八日、船団航行していた湖北丸はアメリカ潜水艦の雷撃を受けた。三本の魚雷のうち二本は回避したが、残り一本が命中爆発すると、全速で航行していた湖北丸はそのままのスピードで船首を海面に突っ込みわずか一分半で沈没した。民間人三六一人を含む四一七人の犠牲者を出した。沈没した海域はフィリピンのルソン島ボヘアドール岬西方三八〇夘婉瓩任△辰拭また、同型の姉妹船・湖南丸も一九四三年(同一八)暮れに、多くの沖縄の少年少女を乗せて沈没した。

>八重山諸島の特産品・おみやげ・本

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。