石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  フカに助けられた男|八重山民話

フカに助けられた男

文 切り絵/熊谷溢夫
八重山民話

 黒島に「モーイ」と呼ばれる男がいました。そろそろ嫁さんを迎える年になり、家を建てるための木を切るために、西表島に行くことになり、海に出て間もなく、急に天気が変わって大嵐になり、モーイの舟も大波にさらわれて、どんどん流され、遠い見知らぬ無人島に流れつきました。
 モーイは毎日、山に入って木の実や動物をとり、海に出て貝や魚をとって暮らしていました。その日も海に出て貝をとっていると、一匹のフカが寄って来て、モーイのまわりを泳ぎはじめ、いかにも自分の背に乗れといっているようでした。
 モーイがその背に乗ると、フカはすごい速さで沖に泳ぎ出しました。
 2日か3日か、モーイは遠くに島かげを見つけました。近づくにつれて、よくよく見るとそれは、自分の生まれた黒島だとわかりました。
 昔むかしには、人間と生き物たちのこんな不思議な話が沢山ありました。


>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。