石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  八重山民話 | 八重山を読む
八重山民話

八重山に古くから伝承される民話や昔話をご紹介します。
Vol.74 八重山の民話「夜のガラサー」
八重山の民話「夜のガラサー」昔ある村の巫女が、役人に呼び出されました。役人は巫女に「お前は人の弱みにつけ込んで、大枚の謝礼を要求し、困らせていると訴え出たものが何人もいる。お前は大悪人だ」と言って、牢に入れてしまいました。巫女が...
2016.12.14更新
Vol.73 八重山の民話「ウフナグヌ ウマリタンドゥ!!」
八重山の民話「ウフナグヌ ウマリタンドゥ!!」昔、沖縄の那覇に、とても悪賢い坊さんがいました。「自分は念力で人の病をなおしたり、災難をはらったりできるのだ」といって人々をだまして、うんと高いお金をだまし取っていました。そのやり方があまりにあくどい...
2016.10.21更新
[バックナンバー]

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。