石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  舟のはじまり|八重山民話

舟のはじまり

文 切り絵/熊谷溢夫
八重山民話

 昔、竹富島の仲筋村の島仲という家に、兄はミドブチ、妹はアレパシという兄妹がいました。ある日、二人はプサシの浜に行って水遊びをしていると、半月形のものが海に浮かんでいるのを見つけました。ミドブチはそれを手にとってつくづくと眺めていましたが、何かを思いついて林の中に入って、一本の木を切り出して来ると、その半月形のものに似たものを作りはじめました。
 最初にミドブチが作ったものに、妹のアレパシが「ウツムイ」と名前を付けました。ウツムイとは頭をさげるということで、兄の作ったものは片方を水の中につっこんでうまく浮きませんでした。
 二つ目のものには「イスバレ」という名をつけました。今度はすぐに浜辺に乗りあげてしまいます。
 三つ目に作ったものには「トビタイ」という名をつけました。今度はすいすいと波にのって浮かびましたが、どんどん沖に出て行って、とうとう黒島のアナドマルという浜まで行ってしまいました。
 ミドブチは、また四つ目を作りました。今度は「島ムイ、フンムイ、五包、七包、カリユシ」という名にしました。
 これが八重山の舟のはじまりのお話です。その後、黒島の人たちがミドブチの作った「トビタイ」をまねて、人の乗れる大きな舟を作りました。ミドブチはそれを見てとても誇らしく思いました。


>熊谷溢夫のデザイン画(額入り・プリント) 『星砂の由来』
>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。