石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  八重山全般  >  合併、改題を繰り返す新聞|八重山コラムちゃんぷる〜

合併、改題を繰り返す新聞

文=通事 孝作(竹富町史編纂委員)

 戦後八重山において、その数年間を「文芸復興期」、あるいは「ルネッサンス期」などといわれる。米軍統治下のもとで、戦前・戦中の言論統制が解かれ、さまざまな新聞や雑誌が創刊された。人々は抑圧から解放されると、いろいろな出版物を求めた。新聞や雑誌は、雨後の竹の子のように発行され、文芸ルネッサンスを築き上げた。
 新聞は、『海南時報』が戦前に創刊されたものの、戦争の激化で休刊。戦後は敗戦の混沌とした社会状況のなかで、一九四六年(昭和二一)一月二三日に再刊に乗り出した。その後、『八重山タイムス』、『南西新報』、『自由民報』、『南琉日日新聞(昭和二七年一月、八重山毎日新聞に改題)』、『八重山新報』、『八重山朝日新聞』、『八重山時報』などが次々と発行を始めた。
 新聞は昭和四〇年代までに多い時で六、七紙もあった。その後、時代を経るに従って、激化する購読者の獲得競争に負けて淘汰され、脆弱経営の新聞は次々と姿を消した。それでも、経営陣の強化、刷新および編集人の交替などを繰り返した。
 八重山の新聞は、昭和三〇年代中期から後期にかけて、選挙記事に相変わらず大きな紙面を割き、追跡報道には力を注いだ。それに加えて行政、産業、地域開発、基盤整備などに関する記事も段階的に増えてきた。このなかで一九六一年(同三六)から一九六四年(同三九)に注目した時、発行されていた新聞は、『八重山タイムス』、『八重山毎日新聞』、『八重山朝日新聞』の三紙だった。
『八重山タイムス』は、八重山支庁の機関紙『旬報』を前身に一九四六年(同二一)八月、八重山民政府を発行人に創刊。しかし、一九四七年(同二二)四月、行政機関の広報紙を脱却し、民間会社の商業紙として再出発を図った。その後、『南琉タイムス』(一九五〇年三月)、『八重山タイムス』(一九五二年六月)と改題し新聞発行を続けた。
『八重山朝日新聞』は、一九六二年(同三七)七月、「不偏不党の精神」、「真実迅速な報道と誠実公正な論評」、「郷土八重山の開発促進」などの新聞綱領を掲げ創刊。しかし、一九六五年(同四〇)四月一〇日、『八重山タイムス』と合併し、装いも新たに『八重山新聞』と改題して再スタートを切った。だが、合併はうまくいかず、二カ月足らずで分裂、『八重山タイムス』は『八重山新聞』として、『八重山朝日新聞』は再び『八重山朝日新聞』としてスタートした。
 その後、『八重山新聞』は『八重山タイムス』に改題して発行を続けたが、休刊広告を出し一九六七年(同四二)一二月二四日、二一年間の社歴に終止符を打った。一方、『八重山朝日新聞』は一九六七年一〇月一日には『南西新報』と改題し、新たに発足した。だが、一九七〇年(同四五)九月三〇、「休刊のお知らせ」とする社告を出し廃刊となった。二紙の廃刊で『八重山日報』が創刊する一九七七年(同五二)六月までの七年間は、『八重山毎日新聞』が八重山で唯一の郷土紙となった。

>八重山諸島の特産品・おみやげ・本

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。