石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  アンパルの昆虫◆胆亞静腑灰薀爐舛磴鵑廚襦

アンパルの昆虫


ヒルギササキリモドキ

 マングローブ内の薄暗く葉の茂った場所に多く見られる。滅多に下に落ちることはないが、水の上に落ちても脚に生えるたくさんの長いとげにより表面張力が働き、アメンボのように泳ぐことができる。しかし、干潮時に土の上に落ちた幼虫がカニに食べられてしまうこともある。6〜10月に多く見られる。石垣島、西表島に分布する。

ハラアカナナホシキンカメムシ

 金緑色に黒い斑紋をちりばめた18伉度の大きさの美しい甲虫で、山間部でよく見かけるナナホシキンカメムシとよく似ているが、名前のように腹部が赤く、判別は容易である。マングローブの一種シマシラキの実の汁を吸って育ち、成虫になるとオヒルギ等に移動することも多い。冬になると葉の裏に集団を作っているものが見受けられる。

ヤエヤマヒルギアシブトヒメハマキ

 ハマキガ(葉巻蛾)の一種で、成虫の開翅長は14・5伉度。幼虫はヤエヤマヒルギの胎生種子の中にもぐり込んで食べ、そのまま種子の中で繭を作って蛹となる。幼虫の時に枝と種子を糸でからめて種子の落下を防ぐ習性を持っており、潮の干満のあるマングローブ林での適応と考えられている。石垣島、西表島に分布する。



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。