石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  八重山民話  >  夜のガラサー|八重山民話

夜のガラサー

文 切り絵/熊谷溢夫
八重山民話

 昔ある村の巫女が、役人に呼び出されました。役人は巫女に「お前は人の弱みにつけ込んで、大枚の謝礼を要求し、困らせていると訴え出たものが何人もいる。お前は大悪人だ」と言って、牢に入れてしまいました。巫女がどんなに無実を訴えても、取り合ってくれません。そんな巫女を見張っていた若い牢番は、とても気の毒に思って、何くれと親切にしてくれました。一年もすると、巫女はすっかり弱ってしまい、もう立つことさえできなくなってしまい、もう自分も長く生きられないことを悟りました。
 ある日、若い牢番を呼ぶと、「私が死んだらガラサーになる。そして私をこんな目に合わせた人間たちにアダを打ってやる」と言い、もし夜ガラサーが鳴いたら、家の外でウスをたたいて、大きな声で自分の名を叫べ。そうすればお前の家だとわかるから、災いは逃れられる」と教えました。そして巫女が死ぬと、その夜からガラサーが鳴きながら村の上を飛ぶようになり、巫女を無実の罪におとし入れた人たちや、訴えを取りあげようともしなかった役人の家が次々に火災で焼かれていきました。
 若い牢番の家では、ガラサーが鳴くとウスをたたいて知らせたので、災難にはあわなかったといいます。だからガラサーが夜鳴いて飛ぶと、あちこちの家でウスをたたいて、災難から逃れるようになって、ずっと最近までその風習が残っていたといいます。 ※ガラサー=カラス


>熊谷溢夫のデザイン画(額入り・プリント) 『星砂の由来』
>熊谷溢夫著『美しい自然があるからみんな元気で生きられる。』
>熊谷溢夫の切り絵・ポストカード


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。