石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  竹富島  >  竹富島 種子取祭稽古中の昼ごはん|竹富島コラムちゃんぷる〜

竹富島 種子取祭稽古中の昼ごはん


 五穀豊穣と子孫繁栄を祈願する竹富島最大の行事、種子取祭。今年は、11月15、16日に世持御嶽での奉納芸能が盛大に行われた。約600年の歴史があるといわれており、1977年に国の重要無形民族文化財の指定を受けている。1日目は、いんのた(西集落)とあいのた(東集落)の玻座間の芸能を奉納、2日目は仲筋集落が芸能を奉納する。
 奉納芸能の2日間がとても盛大だが、竹富島の種子取祭は9日間ある。1日目はトゥルッキといい、配役を神前で誓約する日。その初日でする11月9日、いんのた(西集落)の舞踊部は、日曜日なので中高生も合わせて、午前中から稽古が始まっていた。いんのた会館におじゃますると、地謡の唄に合わせ、女性たちが踊っていた。
 

 少し緊張感が漂う演目中。でも曲が終わると、先輩の指導も和やか。今年西集落が任されているのは9演目。ひとり3から4つくらいを務める。学校や仕事が終わった夜に、テープに録音された音で練習することが多く、地謡に合わせられる貴重な稽古。夏休み前から、出演する演目の決定している学生たち。数ヶ月間練習を重ね、1週間後に本番を迎える。
 踊りを指導していたのは、西の舞踊を継承する、副師匠の上勢頭次子さん。師匠はお母さんの同子さんで、最近では次子さんが現場をみることが多くなってきたという。「若いんだからもっと足あげて!(笑)」ととても賑やかな声が響く。次子さんは、小学4年生で種子取の初舞台を踏んでいる。八重高卒業後、島を離れた期間が10年ほどあったが、その間も種子取の度に帰ってきて、出れなかったのは1回のみだという。
 みんなでお弁当を食べて、コーヒーをのみながら少し休憩をして、練習再開。稽古の最後に、師匠の上勢頭同子さんは「苦労を乗り越えて、来週の寅の日はいい日が迎えられると思います。あと1週間で神様に披露です。最後まで頑張りましょう」と締めくくった。一旦解散して、また20時に集合。トゥルッキの儀式を迎える。
 15日、奉納芸能の会場となる世持御嶽では、朝6時、弥勒起こしから種子取祭7日目が始まった。たくさんの人が見学に訪れ、10時前から庭の芸能が始まり、舞台の芸能と続いた。東集落、そして各舞踊研究所合わせて、35もの演目が披露され、舞台は陽が沈んだあと19時頃まで行われた。その後は、各集落ごとの一行が家々をまわるユークイ(世乞い)が夜通し朝まで行われ、2日目の奉納芸能へと続いた。
 

 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。