石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  八重山全般  >  八重山カタログ「ダンナー」|八重山コラム|八重山コラムちゃんぷる〜

八重山カタログ「ダンナー」

八重山コラム「ダンナー」

メモ

 ダン・タナーともいい、木の上に作る棚のことである。タナが転じてダンとなり、接尾語の「ナー」がついてダンナーと呼ばれた。
 雪国の子どもたちがかまくらを作るように、暑い島の子どもたちは木陰にダンナーを作った。はしごを架け、ブランコを作り・・・と、材料とアイデア次第で遊びは広がった。木登りができることは女の子にとっても自慢であった。
 扇風機がないころであり、子どもがいないときには、大人も失礼してダンナーで涼をとった。また大きな行事があるときは、見物用のダンナーが作られ、招かれた人々が上がったという。

空中基地

 ダンナーの上は子どもの世界であった。そこは涼しく、点々と並ぶ赤瓦や遠くには海を眺められ、そして大人たちの世界を見下ろせるという優越感も味わえた。40年くらい前まではあちこちに作られていたというダンナー。それだけ、福木やイヌマキ、ヤラブ、桑などの大木が庭を囲んでいたということである。枝を広げた木々は大きな緑陰をつくり、そこは珍しい鳥や、あらゆる蝶、、虫たちの棲み家でもあった。鳥や子どもがつまむ実もなった。渡り鳥も時期が来ると必ず姿を見せていたという。庭先はちょっとした森のようだった。

作って寝て遊ぶ

 子どもたちは枝の張りを観察し、検討して材料を集める。床下や近所から板や木切れを持ち出したり、山から竹を切り出したり・・・。お風呂を焚くための廃材や薪も役に立った。枝の間に木を渡し、縄や釘でしっかり固定して骨組を作る。その上に床となる板を取り付けると2、3畳の空間が出来上がった。隣の木にも棒を架け、木から木へ、ダンナーからダンナーへと縦横無尽に飛ぶヤマングーもいた。
 生い茂る葉に包まれて、ダンナーは隠れ家でもあった。おしゃべりをし、まんがを読み、宝物や大切な遊び道具もそこへ隠した。ゴムカン(パチンコ)で小鳥を狙ったり、道行くおばあを驚かせたりもしたそうだ。夏休みの宿題もしたが、すっかり眠り込んでしまい、家族を騒がせることもあったという。十五夜にはここから月を眺めた。お盆のお供え物も持ち寄ってみんなで食べた。月明かりや懐中電灯の光の中で、夜な夜なこわい話もした。

ダンナーに来る夏

 そんなダンナーを現在の小学生が作った。場所は石垣少年自然の家の運動場。子どもたちは朝から作りはじめ、3時の休憩にはすでにダンナーの上にいたそうだ。高台に現れたダンナーに座ると、海から駆け上がってくる風に乗って空を飛ぶような気分であり、またいろんなにおいが運ばれてきた。
 ダンナー遊びを知る大人たちは、大きな木を見ると、今でもつい枝ぶりを観察してしまうという。真夏のダンナーには、忘れられない風が吹くのかもしれない。

 ダンアー遊びを知る大人たちは、大きな木を見ると、今でもつい枝振りを観察してしまうという。真夏のダンナーには、忘れられない風が吹くのかもしれない。

(情報やいま1999年7月号より)
参考
「明治・大正・昭和初期 こどもの遊び」 石垣市史編集室
「今はむかし 八重山こどもの遊び8」(琉球新報1992年3月2日夕刊) 大田静男

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。