石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  竹富島  >  おじぃおばぁのむかし語り「前新トヨ」|竹富島コラムちゃんぷる〜

おじぃおばぁのむかし語り「前新トヨ」

楽は苦の種、苦は楽の種  前新トヨさん(88歳)

竹富島コラムちゃんぷる〜「おじぃおばぁのむかし語り 前新トヨ」
 機織りをしていると、時々昔のことを思い出すことがあります。

 私が台湾に着いたのは、昭和2年3月1日、18歳のときでした。

台北の専売局におられた叔父を頼って行きましたが、台湾に着くと、桟橋で「頑張ってきなさいよう」と手を振った母の姿が思い出されて、それからは夜寝るときも朝起きるときも泣いてばかりいました。

子守奉公をしてからも、家の外で泣いたこともありましたが「奉公は辛いから、よく辛抱しなさいよ」と言われた母の言葉を思いだして頑張りました。

 あの当時、竹富からもたくさんの人が台湾に奉公に行きましたが、きつくてほとんどの人はすぐ戻っていました。

後に結婚することになるお父さん(夫の故前新加太郎氏)からも手紙をたくさんもらって、昭和6年まで4年間、子守奉公、女中奉公をしました。

 「昭和6年の2月の旧正月内に帰って来て欲しい」との便りを前新の父からいただき、本人(加太郎氏)からも「何もいらない。体一つで来て欲しい」との手紙をもらい、結婚のために竹富へ帰りました。

 前新のお母さんはとてもいい人で、私が台湾に行っていたので畑仕事は何も分からずに嫁いだのに、芋の植え方、掘り方、麦打ち、大豆打ち、そして機織りを手とり足とり教えてくださいました。

結婚の翌年に、長女が生まれました。子供たちに食べさせるのがなくて、どんなに苦労したか分かりません。

 それでも10名の子供たちが、無事に成長して家庭をもって、私もたくさんの孫に囲まれています。

 「人間はね、正直で真面目であればどこにいっても可愛がられる」と教えた子供たちが、みんなに可愛がられて私も安心しています。

今は毎日、前新の母に教えてもらった機織りの音が、家に響き渡っています。

(情報やいま1997年10月号より)

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。