石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  竹富島  >  竹富島で「日本の島425プロジェクト」始動|竹富島コラムちゃんぷる〜

竹富島で「日本の島425プロジェクト」始動

竹富島コラムちゃんぷる〜「竹富島で日本の島425プロジェクト始動」

 10月10日、竹富島のこぼし文庫で、毎年10月10日を「島の日」とする宣言が行われた。これは「日本の島425プロジェクト」によるもので、発起人は作家の志茂田景樹さん、グラフィックデザイナーの平松暁さん、竹富集落景観保存事務局長の上勢頭芳徳さん。島に息づくルールや祈り、共同体のぬくもりに学び、自然環境や人間の生活・精神環境を回復していきたいという考え。まず「島に本を贈る運動」を展開する予定で、今回は竹富島と鳩間島に本が贈られた。

 折しも竹富島は種子取祭で、奉納芸能に湧く最中。発起人の一人である平松さんは「島はすでに強烈なメッセージを発している。日本に425ある有人島を都市に対する『田舎』ではなく、あくまでそれぞれ個性を持った島と捉え、全国の『島に生きる人』が島での生活や心のありようをそれぞれに発信し合い、本土に住む人も『島に生きる知恵』を感じて学びとることができれば素晴らしいでしょうね」と語った。

 さて、その後こぼし文庫では、竹富島出身の女性が「石垣の図書館にはない『大神島』など貴重な本がここにあるのに驚いて、羨ましく思ったのですが、本を送ろう運動で贈呈されたんですね。今私は石垣島在住ですが、価値ある本が手に入りにくいのは事実。こういう運動はすばらしいです。もし自分の集落に送ってもらえたら、寺子屋みたいな図書館を作ってみたい」と述べていた。

 「本を送ろう運動」は、日本の島425プロジェクトの第1弾だ。スローガンに掲げられているように「いきの長い幅広い活動」を期待するとともに、我々は自分たちの島の良さを見直し、さらに発信するひとつのきっかけにしたいものだ。

(情報やいま1998年11月号より)

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。