石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  この石なんの石?|石垣島コラムちゃんぷる〜

この石なんの石?

石垣島PICKUP☆コラム「この石なんの石?」

 この半円形の石は、1912年に廃村となった安良村跡で発見されたものだが、当初井戸の跡だと考えられていた。

 しかし、石垣市史編集室の調査に同行した前上里栄吉さん(69・伊原間在)の話によると、どうやらこれは便所だったらしい。

 八重山では、便所は屋敷内にある豚小屋に併設され、用をたすと排泄物は隣の豚小屋へ流れゆく仕組になっていた。

 写真で見ると、半円の形の穴に削られた石が1つの円を描くように合わさって並んでいるのがわかる。

 が、この円がそのままトイレであったわけではなく、この2つの石の間に当たる部分には壁が存在し、右側の石がトイレ(人間の足が見える方の石)だったという。

 また、左側の石については詳しく解明されていないため、同じくトイレの一部であったかどうかは定かではない。

 今の水洗トイレ世代には考えられない話だが、その当時、豚は食料として人糞を喰っていたのだ。

 それも昭和13年に禁止され、それ以降便所と豚小屋は切り離して、近くに建てるようになった。

 さて、この便所跡。

 興味深いところが2つあると前上里さんはいう。

 「1つは石が青色であること。村跡北部河川跡にみられる青い石を用いたかもしれない。もう1つは一枚石がきれいな半円形に削られていたようだということ。当時、便所の石は大体が組み合わせて作られていた」。

 何にせよ、当時のトイレの穴は半円形だったと考えられるが、気になる穴の直径は約15cm〜20cm。

 前上里さんいわく、「可能な大きさである。」

 その穴めがけて用をたさないといけないのだが、どうみても不可能なような気がしてならない…。

(情報やいま1998年3月号より)

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。