石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  あまくま体験隊「めくるめく空中遊歩の巻」|石垣島コラムちゃんぷる〜

あまくま体験隊「めくるめく空中遊歩の巻」

石垣島PICKUP☆コラム「めくるめく空中遊歩の巻」

 突然暴言失礼。

 「石垣の空はもらった!」なんせパラグライダー。

 遊んでない所は空グライダーのあなたの目からウロコを落として頂きたい。


 コーチは新栄町の『スカイショップ石垣島』のオーナー兼パラグライダースクールの校長、上原隆さん。

 「風と一体になって空を散歩する感覚。高度によって景色は一変するから何度飛んでも飽きない。地元の人にこそやってほしい。八重山は世界一って思うはず」

 迷いは吹っ飛んだ。

 装備を付け、カラ岳の斜面を助走。

 途端に後のキャノピー(翼の部分)が風をはらみ、体がグッと引き戻される。

 後ろからハガイ締めされてるようでジタバタもがくが「走れ走れ」と拡声器で言われるからなんとか前進するしかない。

 と、両足が地面を離れた。

 やった!自分が浮かんでるーっ。

 この瞬間を胸に…と目を閉じたら草の中にフワッと落下。

 短い。

 これでは気の抜けたハイジャンプだ。

 私の心を読んだのか、校長から「タンデム(2人乗り)するかー」ハイ!

 2人一緒に地球を蹴飛ばして飛び上がる。

 水平線が斜めになりキビ畑が急角度でそそり立つ。

 高度は80mに達したか。感激が止まらない。

 後ろにも目がついてりゃ良かった。

 目線が違えば島は簡単に別世界になる。

 「キレー」「スゲー」と遠慮なく叫んでいたら「やかましかった」と言われてしまった。

 以後注意なのだ。

 未知の浮遊感に浸ること15分。

 夢よりも長く空にいた。

(情報やいま1997年7月号より)

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。